合格体験記

小論ラボで学び、見事に合格を果たした生徒の声です。


M・Cさん(早稲田大学法学部合格)

 私が小論ラボの体験授業に参加したきっかけは、現在早稲田大学法学部に通う先輩に勧められたからでした。50分の1対1の体験授業では早稲田大学法学部で過去に出題された問題の解説を聞きました。小論文を書き始める前に、まずは長い問題文を細分化し、出題者の意図を読み取ること、法学部は言葉の定義に厳しいので言葉選びは慎重に行うことなど、50分で多くのコツと知識を自然と理解できた上に、小論文に対して漠然と抱いていた不安が解消されたので入塾を決意しました。

 

 実際の授業では、大学入試小論文の過去問題の解説、及び関連テーマのディスカッションをしました。小論ラボでは、先生が授業で用意するディスカッションや資料を通してくれるので、文章を書くのには欠かせない思考力、そして法学に関する多くの知識を得ることができました。実際にそれらの知識からは、面接でのアカデミックな質問に答えるヒントを多くもらいました。宿題に出される大学の小論文の過去問題も、それぞれの生徒に合わせて選んでくださっているのがよく感じられました。

 

また、大学の推薦受験の志望理由書と課題小論文を実際に作成したときも手厚いサポートを受けました。志望理由書を作る際はディスカッションを通して自分を改めて見つめ直したことで志望理由をはっきりと言語化して文章に落とし込むことができました。小論文の作成も「書く→添削・解説→書く」の繰り返しを通して自分では気づかない詰めの甘い部分を指摘されたことで、文章も自分の論理も徐々に完成度が上がっていきました

 

小論文指導の他に受験直前には面接対策もしました。志望理由書や作成した小論文に基づいて先生と面接を繰り返したことは入試本番で堂々と受け答えをする自信に繋がりました

 

小論ラボでは学問的知識と小論文作成に関して多くのことを学びました。添削メインの授業をイメージしていた入塾前は語彙の多さや巧みな言い回しが評価を左右する要因だと思っていたのですが、小論ラボの授業を通して、シンプルな言葉と言い回しでも知識と経験を交えた説得力のある文章は評価されることに気づきました。菊池先生から教わったことは間違いなく大学での勉強にも役立つものだと思っています。

 

 

過去に先輩が現役で同じ志望大学に合格したという事実と、実際に早稲田大学法学部を卒業された菊池先生の存在が、小論文をあまり書いたことがないのを不安に思っていた自分にとってはとても心強いものでした。


Y・Oさん(早稲田大学法学部合格)

 私が小論ラボを選んだ大きな理由は、マンツーマン指導である点、そして先生が志望校のOBである点です。

 

 体験授業では、以前出題されたテーマで書いた小論文を基に、実際の授業と同じような形式で解説をしていただきました。また、そもそも小論文とは何かという基本事項についても教えていただきました。

 

 実際の授業の進み方としては、まず自宅で書いた小論文を授業前までに提出します。そして授業内でその小論文の添削を基に、先生とディスカッションを重ねながら自分の意見を掘り下げていきます。この「書く→添削→ディスカッション」というループを繰り返すことで、毎回より良いものになっていくことを、自分でも実感することができました。また、私は受験に面接も必要だったため、受験直前は志望理由書の添削や面接練習もしていただきました。

 

 小論文を書くにあたって、私は述べたい内容が多すぎて文章がまとまらなくなってしまったり、途中で述べていることに矛盾が生じてしまったりすることが多々ありました。そんなとき、授業で様々な視点から自分が書いた内容について質問されるので、改めて客観的に自身の意見を見直し整理することができました

 

 私は小論ラボの強みとして、丁寧なマンツーマン指導という点が挙げられると思います。他の塾や予備校では、集団授業で、授業時間内に書き上げ添削してもらう、という形式が主流です。そのような形式だと先生が1人1人に掛けられる時間も限られてきます。一方、小論ラボでは個別指導である上に、事前に小論文を提出し添削してもらうことで、授業時間の50分を丸ごと解説・ディスカッションに活用することができます。

 

 受験前までは小論文に何を書けばいいのか、どうやって書けばいいのか、など分からないことばかりでした。小論ラボではそこを私が理解できるまで丁寧に教えてくださり、添削やディスカッションを重ねる度にゼロの状態だったものが、どんどん小論文として形作られていくことに面白さすら見出すことができました

 

 最初は小論文に対して手も足も出ない受験生も多いはずです。小論文は、出題された問題に対してしっかりと自分自身の意見を持ち、それを論理的に述べていけば自ずと書けていくものだと私は思います。その際に必要なスキルを身につけて、ぜひ受験に挑んでほしいです。


Y・Hさん(広島大学総合科学部文科系合格)

 センター試験を終え、二次試験の小論文の対策に頭を抱えていた私が出会ったのが小論ラボでした。予備校に通わず自宅で勉強していた私にとって、小論ラボはまさに合格の架け橋と言っても過言ではありません。

 

 小論文もセンター試験が終わるまではほとんど手をつけていなかったので、最初のうちはなかなか点数を貰えることが出来ませんでしたが、書いていくうちに書き方のコツを掴むことができ、菊池先生の丁寧な指導のもと徐々に点数を伸ばすことができました。

 

 小論文においては答案の添削だけでなく、先生が実際に模範解答を書いてくれるという事が他の添削塾にはない強みだと思います。文章の構成や組み立て方など、先生の模範解答は非常に参考になりました。

 また、課題文で分からないところがあると、私が理解できるまで説明に励んで下さいました。

 ここまで熱心に指導してくれる塾は他にないと思ってます。

 

 二次試験の比率が高い中で二次力のなかった私が合格できたのはその熱心な指導のおかげです。