講師の実際の答案例

 次の模範解答は、講師である菊池が実際の指導の中で作成したものです。授業で扱う小論文問題には、このような自作の模範解答を提示します。必要に応じて、解説資料も作成いたします。

 こうした指導により、どのように書けばいいのかということを実際の模範解答例から学ぶことができます。それが実戦力へとつながっていくのです。


久留米大学医学部医学科:平成26年小論文模範解答例

テーマ

 「時代を見据えた理想の医師像」

 

解答

 現在の日本は、急激な高齢化、人口減少等、これまで経験したことのない社会問題を多く抱えている。このような時代の中での、私の理想の医師像を論じていく。

 

 まず、「医師としての職責」を常に意識して、地域医療に役に立とうとしていることが必要であると考える。「医師としての職責」とは、医師として、医療の専門家であり、患者の命を預かる者としての責任感を持っているということだ。いかなるときであっても、命の大切さを意識し、患者に真剣に向き合う姿勢が求められる。さらに、地域によって医師の数が偏り、診療科にも数の上で違いがあるといった問題を打破する姿勢が欠かせない。そうすることで、患者にとって最も良い判断をし、患者の人生に光をもたらすこともできるし、日本の医療にも貢献することができると考える。

 

 また、「患者の目線に立って治療を行う」ということも欠かせない。いかに医療に関して知識が豊富で技術も習得していたとしても、患者の目線に立っていなければ、単なる独りよがりの医師になってしまう。医師が向き合うのは患者一人ひとりであり、その背後には、家族や保護者という様々な関係者がいる。患者本人や家族及び保護者が、今後の人生をどう考えているのか、それを探っていく姿勢が必要不可欠である。そうしていくためには、コミュニケーションをしていくのはもちろん、相手の話に耳を傾ける姿というものが求められる。さらに、患者と接するのは決して医師だけではない。看護師、医療技師といった医療関係者と連携し、チーム医療を進めていくことが重要だ。

 

 医師としての職責を有し、患者目線に立って治療を行うことにより、患者にとって最も良い治療を行い、日本社会にも貢献していくことが重要である。目の前の患者はもとより、少子高齢化を迎える日本社会に対して、医師としてどう向き合っていくか、それを常日頃から考えている医師の姿、それが理想の医師像と言えると考える。

(800字)


<解説>

<資料のダウンロード>

ダウンロード
久留米大学医学部平成26年一般入試小論文添削資料サンプル
当塾の指導で用いる資料のサンプルです。
小論文の構成や模範解答の書き方、参考資料について説明してあります。
久留米大医学部平成26年一般入試小論文添削資料サンプル.pdf
PDFファイル 431.8 KB