No.35 日本大学歯学部:平成26年小論文模範解答

古代ギリシア時代に「ヒポクラテス」が説いた医師の倫理感が,『ヒポクラテスの誓い』として現在まで受け継がれています。その中には,病める人のためにすべてを捧げる奉仕の精神が述べられており,医療人としての心構えを教育するうえの基本とされています。大学病院などに「ヒポクラテスの木」(プラタナス;和名スズカケの木)が植樹されているのはそのためです。

 医療における倫理感に関して,歯科医師がとるべき医療現場での具体的な行動について,あなたの考えを述べなさい。(横書き:600字以内)

 

解答

 医療現場において、歯科医師はいかなる行動をとるべきか。私の考えを述べる。

 「ヒポクラテスの誓い」には、患者の生命と健康保持のための医療を要とし、患者のプライバシー保護、医学教育における徒弟制度の重要性、専門職としての医師の尊厳が説かれている。歯科医師は、患者とじかに接し、その健康について大きな責任を負う者である。その考え方は医療現場において実践すべきだろう。

 具体的には、自分が接する患者の秘密を厳守することがまず挙げられる。患者は、健康に関する情報は他人には知られたくないものだ。仮にそれを医療関係者が外部にもらしてしまった場合、お互いの信頼関係が崩れてしまう。そのため、情報は漏れてはならない。また、医学教育においては、指導者の下で日夜勉学に励むことが重要だ。それは現場においても同じだ。日々学び、それを現場の目の前の患者の治療に活かすことが求められる。そして、歯科医師は、患者の口腔の健康を維持し、患部で欠落した部分を技術的な処置で補填する、まさに専門的な治療が求められる。そのため、医療知識とともに、医療技術をも常に向上させることが必要だ。医療現場で患者にとって負担の少ない治療を常に実践していくことが不可欠だ。

 以上のように、歯科医師としては、患者の秘密を守り、責任感をもって治療にあたっていくことが常に求められる。日頃の学びが不可欠なのはいうまでもない。そういった倫理感が必要なのだと考える。

(600字)